塗り方変えるだけ!5歳若返るファンデーションの塗り方【40代50代】

年齢とともに「メイクのやり方」変えていますか?

「3年以上変えてない……」というあなた!

「そもそも、やり方なんて、そんなに種類あるの?」というあなた!

ファンデの塗り方で損しているかもしれませんよ(TT)

今回は、塗り方1つで5歳は若返る! そんなファンデーションの塗り方をご紹介していきます。

同じアイテムでも、老け見え・若見え!?

加齢によって、お顔は少しずつ変化していきます。それによって、メイクの方法を変えていかなければ、「なんか、古臭いな〜」というマイナスイメージを与えてしまうことも!

実際に私が2000年頃(約20年前)にしていたメイクを今やってみるとどうなるか、見てみましょう!


▲2000年頃のメイク(約20年前)

どんなところが残念だな〜(TT)と見えますか?

↓こんなところが左の方は気になりませんか?

コレ、全く同じアイテムを使ってメイクしているのです!

同じアイテムでも、塗り方だけで5歳若返るのはかんたん!

ぜひ、今日から変えていってくださいね☆

5歳若返る!ファンデーションの塗り方

若見えの鉄則は、

流行を2〜3割取り入れること!

20代の子と同じようにメイクしていくと、逆に老けて見えがち^^;

上手に流行りも取り入れながら、年齢を活かしたメイクをしていきましょう!

今回は、日焼け止めで艶が出るタイプのアンダーベースを塗った状態からスタートします。

ポイント1:ファンデーションは全体には塗りません。

まず大切なことは、ファンデーションを顔全体に同じように塗らないこと!


▲今回使うファンではコチラ

ファンデーションは、少量手に取ります。(厚ぼったくならないように注意!)

ポイント2:美の三角ゾーンから!

目の下のくすみやすいところから置いていきます。

丁寧に叩くようにして塗っていきましょう。

小鼻→ほうれい線へと軽く叩いていきます。

ポイント3:おでこは明るく仕上げる!

次に、額に乗せていきます。額、眉間にシワが気になる方は、しっかり塗っていきましょう。

「コンシーラーは使わないんですか?」という質問をよく受けますが、コンシーラーを使うと後で小じわが目立つので、私はあまりおすすめしていません!

物によっては、保湿できるものもあるので、良いものがあったら、また別の記事で紹介していきますね(^^)

コンシーラーを使わずに、「ファンデーションをコンシーラーのように使う」のが、キレイに見せるコツです!

ポイント4:目尻の影を防いで、たるみ防止!

目尻に影ができると目がたるんで老けて見えます。

目尻に乗せて、残りでまぶたも塗っていきましょう。

ポイント5:口角の影を消す

口角の下に乗せて、影を消していきましょう。

私も仕事では筆を使いますが、指でも全然OKです☆

最後にもう一度、小鼻の赤み、くすみを丁寧に塗っていきましょう。

頬に赤みがある人は、もう一回頬に乗せて、赤みを抑えます。

ポイント6:濡らして固く絞ったパフでなじませる

指で塗った指紋が残るような感じがあるので、パフでなじませていきます。

シミ、そばかすが気になる人は、もう少し足してもOKですが、厚塗りにならないように気をつけましょう。

最後にフェイスパウダーを軽めに降ります。

ブラシにフェイスパウダーをなじませて、Tゾーンを中心に軽く降っていきましょう。

眉毛がファンデーション乗っていると描きづらいので、フェイスパウダーを使います。

残ったパウダーを軽く全体につけていきます。

若見えファンデ完成♪

ここまでファンデーションの塗り方のみお伝えしていきました。

1、全体に塗らない!

2、気になる部分を丁寧にカバー

3、塗り始めは、美の三角ゾーンから!

塗り方だけでも、本当に全然違って見えるので、ぜひやってみてくださいね♪

NO IMAGE

無料WEBマガジン