何歳になっても選ばれる働く女性のための顔印象ケア

「うっかり寝てしまった」メイクを落とさない代償は大きかった!

よく、疲れすぎてメイク落とさず寝ちゃっうんです。
肌カウンセリングをやっていると3人に1人は言われるのですが・・・・
 
肌に悪いって分かっているけど、時々やってしまうのは、なぜ????
 
 
20代より美しくなるじぶんMAKE UPプロデュースしている加藤 聖子(かとうしょうこ)です。
本日は、「うっかり寝てしまった」メイクを落とさないで寝る代償は大きいのよ。
ってことをお伝えします。

なぜメイクを落とさずに寝てしまったの?

昼間はキレイにしてくれるメイクアップ、だけど深夜は・・・・

夜遅くの帰宅
急なお泊まり
洗顔料のストック切れ
旅行などで
クレンジングを”うっかり”忘れてしまう
きっと女性なら経験あるはず。
意識は休んでいても、メイクアップをしたままの肌は最悪な状態での徹夜になってしまっていますよ。

クレンジングしないメイクアップが肌に影響するのか?

日中の皮膚はファンデーションとともに外的刺激から肌を守る機能がある。
夜は肌細胞の再生と修復が行われる。
 
もし、夜にメイクアップを落とさないと老廃物が表皮に閉じ込められたままとなってしまう。
さらに再生サイクルまでも遮断され、肌が酸素不足になってしまうとバクテリアの温床となってしまうのですよ。
 
そうなると
 
毛穴が詰まることで毛穴を広げ、吹き出物が出没。
コラーゲン量も減るため、シワが肌に定着してしまうのです。

老化肌まっしぐら!ですよ。
 

マスカラ

マスカラ液でコーティングされたまつげやまぶたのキワは皮脂腺から分泌される油分で
睡眠中にまつげの修復や栄養分を伝えたりすることができなくなる
 
結果
まつげの乾燥し、より早く抜け落ちてしまいます。

リップ

いつの間にか落ちちゃったと思っているリップも、確実に日中の汚れを吸着し、粘膜を乾燥させるのです。
 
結果
放置しているとひび割れてしまう。
 

美肌を目指すなら、クレンジング必ずすること

40歳過ぎて、メイクを落とさないのはもう老化してもいいよ!と言っているようなものです。
脳裏にしっかり怖い!と認識すると
ワタクシ、どんなに酔っ払ってもクレンジングとスキンケアだけは死守するようになりました。
(化粧品のフタしまっていない時もあってもね)
今日から、メイクを落とすまで、うっかり寝てしまわないよう心がけしましょうね。
 
自分の正しい美容法や食事法に自信が持てない方や
本気でリニューアルしていきたい方は、
以下のリニューアル個別相談にぜひ起こしくださいね!
[template id=”66″]
 

今なら無料!WEBマガジンでレシピプレゼント