史上最高のじぶんとなるMAKEUP

うるうるリップはもう古い!40代からはハーフマットリップでナチュラルメイク


2019年の流行りはマットな質感リップ。上手に取り入れられていますか?
✓「マットなリップは乾燥して苦手……」と使いたいのにお困りな方
✓「リップってすぐ落ちちゃうから、そもそも塗らないんだよね」というズボラちゃん
✓「流行を取り入れて、マットなリップ使っています!」という方も、40過ぎたら要注意!
そんなポイントを今回はまとめていきますね。

うるうるリップは老け見え注意!?

「マットなリップは乾燥して苦手……だから、グロスを使っています」という方、気をつけてくださいね!
それ、老けて見えているかもしれないですよ!?
20代のうるおいのある年代と違って、乾燥しがちな40〜50代。そんな私たちが、うるうるリップを使うと……

↑左:うるうるリップ、右:ハーフマットなリップメイク

「艶がある方が老けて見えないって聞いた」という方もいるかも知れませんが、ツヤッツヤすぎるとこんな感じに浮いてしまいます。

リップに手を抜くと、一気に老け見え…

「リップってすぐ落ちちゃうから、そもそも塗らないんだよね」というズボラちゃん。
40〜50代は、唇の色が悪くなって、しかも唇が薄くなってくる年齢。すると同時に「顔の印象が薄くなってくる」=「老け見え」一直線です!

40代からのリップは、ハーフマット!

「流行を取り入れて、マットなリップ使っています!」という方も、40過ぎたら要注意!
マット系のリップを直接塗ってしまうと、私たちの年代では、乾燥した感じに見えてしまいます。
マット系リップを上手に使いこなすには、
「2色使い!」
ツヤ感のあるリップ+マットな質感。
今回は、そんな大人ハーフマットリップのやり方を説明していきます。
マット系リップは、皮がむけるわ、縦じわ目立つわで使いづらい! と思っていた方も、ぜひトライしてみてください!
※解説は、動画の4:05〜

1.ツヤ感のあるリップペンシルでリップラインを出していく。


今回はナチュラル系でメイクしていくので、色味はベージュ系を使いました。
リップペンシル選びのポイントは、太さ。
先端が細いものは形を取るのが難しいので、なるべく太めのものを選んでくださいね。
今回のはこんな感じ↓

★リップを塗るときのポイント

まずは、唇の中央に置いて、色味を確認しましょう!

色味を確認したら、上唇の山を描いていきます。

上唇は、年齢とともに痩せていってしまうので、少しずつ広げて描いていきましょう。
唇の形がぼんやりしていたり、唇が薄いと老け見えの原因になります!
丁寧に描いていきましょう。

「にっ」と口角を引き上げると、縦じわのところもきれいに塗ることができますよ。

2.マットなリップを重ねる


今回は、今流行っている韓国コスメを使いました♪
この色を重ねていきます。先に塗ったものと同じベージュ系な色味ですが、かなりマットな質感です。

リップブラシに取り、重ねていきます。

中央から徐々に広げていくように塗りましょう。

3.なじませて、オフ!

少し唇を動かして、なじませ、ティッシュを当てて、軽く落とします。

4.仕上げに立体感♪

ラメ感のあるコンシーラーを使って、最後に若々しい立体感を作っていきます。

上唇の山の部分だけ軽く乗せましょう。山のエッジだけを光らせる感じです。

5.ヘアセットして完成〜!


ファンデーションもBBクリームだけ。眉もアイシャドウもほとんどメイクしていませんが、リップに一工夫するだけで、ナチュラルに見えますよね♪
「ナチュラル=薄化粧=だからリップしない」と思っている方多いですが、リップがないとちょっと残念な感じになってしまいます。
リップの質感を変えてあげるだけで、老け見えも防げちゃって、自然に健康的な感じがしますよね。

大人ハーフマットリップの大事なポイントまとめ

今回のリップメイクのポイントは、
1.大きめのリップペンシルを使う
2.マットな口紅を合わせる
ぜひ、ナチュラルメイクの日は、やってみてくださいね〜♪

加藤聖子本人による個別相談(ZOOM)

✔自己流美容法を見直したい!
✔私も変わりたい!
✔お客様に選ばれる美顔になりたい!
✔史上最高のじぶんになって自信をつけたい!

自分のことをどう魅せたらよいのかわからない方、
本気でリニューアルしていきたい方は、個別相談へ!
あなたの体質や生活スタイルにあった適切なアドバイスを受けることができます。