史上最高のじぶんとなるMAKEUP

40代からのチークの入れ方・色選び|ナチュラルメイク編


「血色が悪いから、なるべくピンク系を使っています」というあなた、要注意ですよ〜★
今回は、40代からのチークの色選び、そしてチークの入れ方についてお話していきます。

チークの色の選び方

今回はナチュラルメイクのチークの色選びについて。今回私が来ているようなニットみたいにお洋服がシンプルなときは、メイクもナチュラルにしていきたいですね。
ナチュラルにしたいときは、「全体のトーンを合わせる」のがコツです。
「私、血色悪いので、ピンク系の色を使いたいのですが……」という方も、ナチュラルメイクのときは、肌に馴染む色を使うほうがベターです。
ピンクが乗っているのが悪いわけでなく、「ファッションに合わせて使い分ける」という視点を持ってみてくださいね☆
NG例▼

ほうれい線が目立たないチークの入れ方

チークは、入れ方もとっても重要で、ほうれい線上まで入れると逆にほうれい線が目立ってしまい、チークが逆効果になってしまうこともあります。
しっかり、どこに入れると効果的なのか? 自分の顔の特徴を見ながら、コツを掴んでいってくださいね☆
 
今回使ったチークはコチラ▼

「チーク」というと、ピンク系の色(このパレットの左側2色)を使うイメージの方多いと思いますが、今回は、パレットの下段真ん中と下段右側のカラーをチークに使っていきます。

1.ブラシにチークを取り、ティッシュでなじませる


ブラシにチークを取ったら、肌に乗せる前に一度ティッシュでどのくらいの色が出るのかを見ながら、筆になじませていきます。
いきなりぽーんっと乗せて、くっきりした色がついてしまうと、まるでおてもやんのようになり、私たちの年代ではちょっと「痛いメイク^^;」に見られてしまいます。
一度に色を出さずに、重ねて重ねて、色を出していくのがコツです。

2.「にっ」と笑って、頬を引き上げ、チークを乗せる

「にゃんっ」とねこの顔で頬を上げ、その上にチークを乗せていきましょう。こめかみに向かって入れていきます。
3回くらい重ねて、薄く色づけていきましょう。塗りすぎ注意です。

3.頬に丸く乗せ、目頭に向けて、縦にチークを入れる

頬が引き上がったような印象になるように、軽く目頭の方に向けてチークを入れていきましょう。

チークを入れる場所の注意点

小鼻と耳の下を結んだ先よりも、チークが下に落ちて来ないように注意していれてみてくださいね!

NGチークの塗り方

チークのダメな塗り方を紹介しますね。

1.筆の動きが大きい。


「チークって丸く入れるんですよね!」となんとなくイメージで塗っている生徒さん。「動きが大きい」ことがほとんどです。
大きく筆を動かさず、小さく上に(表情を)引き上げるように入れていきましょう。

2.筆が強すぎ


メイク、顔のお手入れ全般的に「力強すぎ」は注意です。
筆で顔を押してしまっていませんか? やさしく撫でるように、ブラシがぐちゃぐちゃにならないように入れてくださいね!

加藤聖子本人による個別相談(ZOOM)

✔自己流美容法を見直したい!
✔私も変わりたい!
✔お客様に選ばれる美顔になりたい!
✔史上最高のじぶんになって自信をつけたい!

自分のことをどう魅せたらよいのかわからない方、
本気でリニューアルしていきたい方は、個別相談へ!
あなたの体質や生活スタイルにあった適切なアドバイスを受けることができます。