1. TOP
  2. 1分診断
  3. 【1分診断】食生活ブス度チェック

【1分診断】食生活ブス度チェック

体内年齢*食生活ブス度チェック

□生野菜をあまり食べない
□体調が悪いときは食欲がなくても食べるようにしている
□糖質制限をしている、またはしたことがある
□コレステロールは身体に悪いと思う
□健康のために塩分を控えている
□夜更かしして朝遅く起きるサイクルになりがち
□食べ物の好き嫌いが多く偏食
□体調を崩したらすぐに薬を飲む
□週3日以上お酒を飲む
□タバコを吸う

□1日3食以上、食べる
□おやつは欠かせない
□牛乳をよく飲む
□ファストフードをよく食べる
□外食が多い
□揚げ物など油っこい食べ物が好き
□朝食はパンとマーガリンが定番メニュー
□早食いであまりかまない
□パスタやラーメンなど麺類が好き
□甘いお菓子に目がない
□満腹になるまで食べてしまう
□毎日お肉を食べる
□清涼飲料水をよく飲む
□白いご飯やパンをたくさん食べる
□オリーブオイルは体にはいいので、太らないと思う

 

アナタの体内年齢は何歳ですか?

0~5個 :体内年齢30歳

6~10個  :体内年齢40歳

11~15個:体内年齢50歳

16~20個:体内年齢60歳

21~25個:体内年齢70歳

 

年齢より上だったら、すぐ食生活リニューアルしてください。

 

今若くみられていても、体内年齢が自分の年齢より超えていたら、

急降下で老化の道にまっしぐらですよ!

すぐに対策が必要です。

高額な化粧品ライン使いしても

毎日時間をかけてお手入れをしたり

定期的にエステに通ったり

してみたけど、たるんだ顔や老化が止まらないのはなぜ?と

お悩みではなりませんか?

この記事は、無駄な努力をしないで、10年前の若々しい顔を取り戻す方法をご紹介していきます

じぶんMAKE UPプロデューサー 加藤 聖子です。

『人生100年時代 美しさの先に笑顔を』

20代より美しくなる方法を教えています。

 

この記事でご紹介するのは

多くの人が抱えている、問題の「見た目年齢の左右する食生活」について

実はこの問題は見た目年齢を変えることが根本解決になるのです!

新陳代謝

新陳代謝は、20歳前後で肌28日、胃腸5日、筋肉60日、90日で大体の全身の細胞が入れ替わっていきますが、30代→40 代→50代とどんどん新陳代謝のスピードが落ちて日数が増えていきます。

この新陳代謝は細胞分裂なので回数の限界があり、”老化”は細胞分裂の質と新陳代謝が衰えていくこと

「体内年齢」が若くなれば、肌もカラダも若くなる!

「体内年齢」が実年齢なのです!

「体内年齢」が40代なのに娘さんと同じ化粧品や若者向けの化粧品を使って

美しくはなれません!

合わないので、より老いるのである・・・・

今の肌状態の年齢に合わせた化粧品が必要なのです。

例え、20歳でもアナタの「体内年齢」が実年齢なのだ!

そこから、見た目年齢を大きく差が生まれていくのです。

「体内年齢」を下げる方法

  1. 食生活
    新しい細胞と新陳代謝を早める
  2. 筋トレ
    たるみをなくし、ハリ・弾力を高める
  3. お手入れ
    肌年齢にあったものをチョイスし、正しいスキンケアをする

 

20代より美しくなりましょう!

 

女性としての肉体的な美しさは20歳前後をピークとして

あとは加齢と共に朽ちていきます。

ですが、

年齢を重ねた女性には、若い女性には真似できない
肌の魅せ方・作り方があります。

そんな積み重ねた美肌を作り、美しい人になっていくんです。

 

5000人以上のモデル・女優含む女性を28年間ヘアメイクしてきた目線から
20代より今の方がキレイだねと言われ続ける情報』を日々発信しております。
アンチエイジング*キレイ通信はこちら↓↓↓↓↓

 

 

自分の正しい美容法や食事法に自信が持てない方や

本気でリニューアルしていきたい方は、

こちらの無料個別相談にぜひ起こしくださいね!

無料個別相談実施中!


\ SNSでシェアしよう! /

史上最高じぶんMAKEUPプロデュース*加藤 聖子公式サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

史上最高じぶんMAKEUPプロデュース*加藤 聖子公式サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方へのおすすめ記事

  • まぶたのたるみは改善できる?

  • コンビニでもキレイになれる?!「賢い女のチョイス術」

  • 【1分診断】うわべ美人度チェック

  • 血糖値あげない食事法が美肌を作る

  • 化粧水はエイジング肌が「もういらない」というまで入れ込んで!

  • 今更聞けないオトナ女子のための美容オイルの正しい選び・使い方