1. TOP
  2. 1分診断
  3. 【1分診断】うわべ美人度チェック

【1分診断】うわべ美人度チェック

うわべ美人度チェック

□顎の周りのたるみが気になる

□肌荒れしている

□笑うのが苦手

□髪にツヤがない

□美容室に、3ヶ月以上いっていない

□3年間の内、美容部員・美容師・エステシャン

などの美容のプロのアドバイスを受けていない

□最近、キレイだねと言われていない

□ついつい不平・不満が口に出る

□ムカつく〜って思うことが1日3回ある

□夜、眠れないことがある

□自信が持てない

□いつも同じスキンケア化粧品を使っている

□スキンケア商品は新商品を毎回買っている

□じぶんにあうお手入れ法が分からない。

□娘またはお母さんにすすめられた化粧品を使っている

□3年間いつも使う色もメイク法も一緒

□スマホを常にチェックしている

□写メするときは、必ずアプリを使う

□口角が下がっている

 

結果

0~3個 :外見年齢30歳

3~8個  :外見年齢40歳

8~15個:外見年齢50歳

15~20個外見年齢60歳

年齢より上だったら、すぐ外見リニューアルしてください。

 

今若くみられていても、外見年齢が自分の年齢より超えていたら、

急降下で老化の道にまっしぐらですよ!

すぐに対策が必要です。

 

なぜ同じ年の彼女はどうして綺麗なんだろう?

 

鏡に映る自分の顔にガッカリ

写真に映った自分にビックリ

ショーウィンドウに映る自分の姿に

「こんなはずじゃなかった〜」と叫んでしまいたくなる時ありませんか?

 

あなたの周りに同じ年齢なのに綺麗な人いませんか?

でも同じ年の彼女より綺麗になりたいとは思いませんか?

この記事は、無駄な努力をしないで、10年前の若々しい顔を取り戻す方法をご紹介していきます

じぶんMAKE UPプロデューサー 加藤 聖子です。

『人生100年時代 美しさの先に笑顔を』

20代より美しくなる方法を教えています。

 

この記事でご紹介するのは

多くの人が抱えている、問題の「美人に見えない外見」について

実はこの問題は見た目年齢を変えることが根本解決になるのです!

外見年齢が若々しく美人にみえるには

  1. 美肌
  2. 笑顔

美肌

肌が1番見た目年齢を左右します。

どんな美人であっても、肌が汚いと残念な感じになってしまいますし、

シワ・たるみ・シミが目立ってくるとどうしても老けが出てしまいます。

まず美肌を目指しましょう!

髪・肌・顔・カラダに艶がない女はどうでしょう?

枯れた感じになって見えませんか?

女性の艶は品格を醸し出します。

笑顔

「笑顔に勝る化粧はない!」

ワタクシ、なが〜い間ヘアメイクをやっていますが、まさにその通りと思って

います。

表情が魅力的に見せるんです。

なので私の撮影現場やメイクレッスンでは、

最高の笑顔を作れるようにするための

マッサージや筋肉の使い方・場作りをしっかりやります。

 

美しくなるためのおすすめ記事

老けないためのスキンケアは化粧品選びから!

化粧水はエイジング肌が「もういらない」というまで入れ込んで!

 

5000人以上のモデル・女優含む女性を28年間ヘアメイクしてきた目線から
20代より今の方がキレイだねと言われ続ける情報』を日々発信しております。
アンチエイジング*キレイ通信はこちら↓↓↓↓↓

 

 

 

もし、あなたがこの先の人生でシミやたるみなど、年齢を重ねるごとに深刻になっていく悩みにとらわれずに

若々しく自信を持てる「美しい顔」を手に入れ、それをキープし続けたいと

考えているならば、

高級化粧品や美容整形などに手を出す前に

ご相談ください。

 

自分の正しい美容法や髪型に自信が持てない方や

本気でリニューアルしていきたい方は、

以下のリニューアル個別相談にぜひ起こしくださいね!

無料個別相談実施中!


 

 

\ SNSでシェアしよう! /

史上最高じぶんMAKEUPプロデュース*加藤 聖子公式サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

史上最高じぶんMAKEUPプロデュース*加藤 聖子公式サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ方へのおすすめ記事

  • 美顔器は本当に効果はあるのか?

  • 今更聞けないオトナ女子のための美容オイルの正しい選び・使い方

  • 表情筋をリニューアルすると「美しい笑顔」が手に入る!

  • 10歳老けて見える”毛穴たるみ”改善方法

  • 【1分診断】食生活ブス度チェック

  • 「うっかり寝てしまった」メイクを落とさない代償は大きかった!