受講生・お客様の声

強すぎる目ヂカラを優しい目元に♪50代カメラマンの劇的ビフォーアフター

プロフィール写真撮影のためのメイクシーンをお見せします!
今回のお客様は、カメラマンの楠聖子さん
楠さんの劇的なBefore/Afterのお姿をお見せしつつ、メイクのポイントについてお話していきます。

楠さん! ご協力ありがとうございます!

今回変えていくポイントは?

楠さんのお悩みは…

  • ファインダーを見るときに眉間にシワがつきやすい
  • ファインダーにメイクがつかないようになるべく薄めの化粧がいい
  • でもかっこよくなりたい!

という事です。

眉間が気になるという楠さんに、お話をよ~く聞いてみると、第一印象が「目ヂカラ!」と言われてしまう…というお悩みがあるようです。キリっとした目元を少し優しい目元メイクに挑戦してもらいます。

また、薄いメイクはファンデーションを塗らないメイクとはちょっと違います。「もともと健康的な肌色ですよ〜♪」という感じに仕上げます。

それでは行ってみましょう!

劇的大変身メイクのコツを大公開!

化粧下地にも一工夫 Amazonリンクあり★

楠さんのお肌は、乾燥とお肌の赤みが気になりました。赤みのお肌にはグリーン系の下地でカバーすると目立たなくなるんですよ。そして、アンダーベースでも保湿成分を含んだタイプを選びます。

paul & joe ポール&ジョー
パール ファンデーション プライマー #004

グリーンとイエローの入った保湿入りアンダーベースです

ファンデーションは“美の三角ゾーン”に!

ファンデーションは、塗り方・塗る場所が大切です
目のすぐ下、目頭から目尻と頬骨の高いところを結んだ三角地帯は、特に目に付きやすい部分です。私はこの部分を“美の三角ゾーン”と呼んでいます。この美の三角ゾーンにファンデーションを丁寧に乗せ、他の部分は、残ったファンデーションを広げるようにして、塗っていきます。

全体的にまんべんなく塗ると真っ平な印象になってしまいます。頬(美の三角ゾーン)と額を中心にして塗っていくのがポイントなんです。試してみてくださいね。

楠さんの場合は、眉間のシワが気になっているということなので、眉間のシワになっているところからまずはファンデーションを置いていきます。そして、スポンジで放射状に広げていきます。

化粧下地に効果的な色を選び、美の三角ゾーンを中心としたファンデーションの塗り方をしただけでも、厚塗りに見えない透明感と、頬骨の高いところにしっかり塗って、周りをぼかす塗り方なので陰影がついて小顔効果がアップします(^^)

隠すだけじゃない!コンシーラー効果って?!

目元のくすみ、まぶた、眉間のシワ、鼻筋、口角の5箇所にコンシーラーを入れます。コンシーラはシミを隠すだけではなく、光の効果を与える時にも使えますよ。
口角に入れることで、口元を引き上げる効果があります。
乗せたあとは、スポンジで叩いていきます。コンシーラーがムラになっては台無しです。丁寧に叩いていきましょう。

うっすらと自然に見える!仕込みチーク

フェイスパウダーの前にちょっと一工夫。しっかりメイクに見えない、健康的に見えるちょっとしたテクニック、仕込みチークをご紹介します。

ファンデーションに使っていたスポンジを、そのファンデーションがついたまま、その上にクリームチークを少~しだけ混ぜます。うっすらと頬が赤らんでいるように見えますよ。「にっ」と笑って、上がった頬骨の上からこめかみに向けて、引き上げるイメージで塗っていきます。

あくまで自然な感じで入れるのがコツです。「もともと健康的な肌色ですよ〜♪」という印象に仕上げます。がっつりチークの色が出てしまうと、老けて見えてしまうので、注意してくださいね!

大きくふわっとフェイスパウダー

フェイスパウダーは、大きな筆にとって、Tゾーンに筆が触れるか触れないかくらいのチカラ加減で軽くふわっとつけるのがポイントです。

髪の毛が肌について、ベタッとするのも防止できますよ。髪がかかるフェイスラインに沿って入れてみてくださいね。

いよいよ本命やさしくみえる眉メイク

楠さんの眉毛は角度があるタイプ。トコトンやさしく見えるテクニックを施しますよ。

まずは、左右の高さを確認します。向かって右側のほうが少し高いので、剃って調整します。高さが揃ったら、眉の生えていない部分に追加するように眉毛を一本ずつ描いていきます。眉を描いていて、左右がずれやすい、という方は、左右を少しずつ交互に描いていくと合わせやすいですよ。

第一印象が「目ヂカラ!」と、言われやすいのがお悩みの楠さん。キリっとしてカッコいいのが羨ましい!と思う方もいらっしゃると思いますが、強すぎても困る事もあるようで…。今回は、トコトン優しい目元に変えていきましょう。

眉毛を描いて整えた後で、眉マスカラで眉色を柔らかくします。

目元はやさしくナチュラルな濡れ感で

アイシャドウは、ゴールドベージュを使い、ナチュラルな濡れ感を演出しました♪ゴールドを目の高い位置に置き、中心にから優しく伸ばしていくと立体感が出ます。

次に、目尻側にピンクを入れて、優しい印象を作ります。

茶色も本来はナチュラルな感じを出すのに使うことも多いのですが、くすみと混ざって、殴られたような不健康な感じ(笑)が出てしまうという事で、今回は避けました。

アイラインは、プラムブラウンというカラーを使いました。アイラインは目元をクリアにする目的で使うことが多いですが、今回のような目ヂカラが強すぎるので優しく見せたい!という方に、おすすめの配色です。

チークからローライトへ輪郭はシャープに

チークは、すでにクリームチークを仕込んであるので、少しだけ淡いコーラル色を足していきます。

こめかみの低いトコロ、頬骨の低いトコロ、そして顎のラインへと数字の「3」を描くようにして入れていきます。入れすぎると、デーモン小暮閣下みたいになってしまうので、注意が必要ですよ!
お顔の全体を見て、片側だけ太いな〜と感じたら、そちら側にもう一回重ねて塗ってみましょう。
額の影にも軽く入れてあげると、きれいに仕上がります。
最後に、アゴをシャープに見せたい場合は、アゴの下のラインに入れていくと小顔効果がありますよ♪

ビューラーとマスカラも軽く柔らかく

ビューラーを使う時は、まつげをがっつり上げず、毛先を軽く上げる程度にすると、優しい印象になります。マスカラはワインレッドを使用しました。

大人の涙袋は、ベージュパール!


大人の涙袋は、ベージュパールがおすすめです。
白色を入れてしまうと、ギャルっぽくなりやすいので要注意です。
真ん中に入れてから、左右に伸ばす感じで入れていきます。

モチのきくリップテクニック

まず、リップを塗る前には、しっかり保湿を心がけましょう。

また、マットなリップペンシルを仕込んでおくと、食べたり飲んだりしても持ちが良くなります。
年齢とともに薄くなってくる上唇も、少しずつリップペンシルで広げていくと失敗しにくくなりますので、ぜひトライしてみてください

一度全体的にマットなリップを塗り、その上からうるおいリップを足していきます。グロスで全体的にギラギラさせてしまうと古臭くなりますよ。マットなリップのみだと乾燥して、縦じわが目立ってきてしまいます。

優しそうでかっこいい楠さんの出来あがり!

さて、いかがでしょうか?

髪は、メイク中に巻いておいて、トップにボリュームをもたせました!
優しそうで、それでいて、かっこいい!素敵なプロフィール写真が撮れました♪ビフォーと比べてみてくださいね。

楠さんのように目ヂカラに困っている、優しい目元にあこがれる!という方は、今回の眉メイクやアイメイクを参考にしてみてくださいね!

また、楠さんのように、自分の魅力を最大限引き出したプロフィール写真が撮りたい!という方は、1秒でお客様の心をつかむプロフィール写真撮影にお越しくださいね。お待ちしております♪

私はどうしたらいいの?私も変わりたい!と思った方は、加藤聖子本人による個別相談もご用意しています。

加藤聖子本人による個別相談(ZOOM)

✔自己流美容法を見直したい!
✔私も変わりたい!
✔お客様に選ばれる美顔になりたい!
✔史上最高のじぶんになって自信をつけたい!

自分のことをどう魅せたらよいのかわからない方、
本気でリニューアルしていきたい方は、個別相談へ!
あなたの体質や生活スタイルにあった適切なアドバイスを受けることができます。